排ガス計

 

排ガス計


排ガス計とは

排ガス計は、ボイラや工業炉の燃焼排ガスの成分、ガソリン/ディーゼル自動車排ガス、NOx等を計測する計測器です。温水ボイラ、蒸気ボイラ、温風発生機、ファーネス、各種工業炉、吸収式冷温水発生機、コージェネレータ、自家発電装置、熱媒ヒータ、焼却炉、ガス湯沸器、石油給湯器、ガス・石油ストーブや自動車排ガスの分析に採用されています。

「排ガス計」の一覧の中で、よく見て頂いている中古計測機は
・排ガス分析計 | ・N2O計 | ・黒煙測定器 | 

排ガス計中古計測機器一覧

※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称型番メーカー名詳細お問合せ
3m2970燃焼排ガス分析計HT-1300Nホダカ
3d0455ポータブル燃焼排ガス分析計350Stesto テストー
3f0061N2O計VA3001N2O堀場製作所
me0117燃焼排ガス分析計 HT1600NHT1600Nホダカ
me0116黒煙測定器ALTAS-5100DALTAS-5100Dイヤサカ
me0115自動車排ガス分析計 Auto.51Auto.51リエロ・ジャパン
me0114自動車排ガス測定器 MEXA-584LMEXA-584L堀場製作所
me0113燃焼排ガス分析計 HT-2300(Aセット)HT-2300(Aセット)ホダカ
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称/型番/メーカー名詳細
お問合せ
3m2970燃焼排ガス分析計
HT-1300N
ホダカ
3d0455ポータブル燃焼排ガス分析計
350S
testo テストー
3f0061N2O計
VA3001N2O
堀場製作所
me0117燃焼排ガス分析計 HT1600N
HT1600N
ホダカ
me0116黒煙測定器ALTAS-5100D
ALTAS-5100D
イヤサカ
me0115自動車排ガス分析計 Auto.51
Auto.51
リエロ・ジャパン
me0114自動車排ガス測定器 MEXA-584L
MEXA-584L
堀場製作所
me0113燃焼排ガス分析計 HT-2300(Aセット)
HT-2300(Aセット)
ホダカ
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。


排ガス計の分析が必要な理由

排ガス計という、排ガスの分析ができるような機器が出ています。なぜこのような機器の使い方をマスターする必要があるかというと、それは目に見えないからです。例えばバーナーで加熱した場合、炎の状態を見れば、十分機能できているか確認できます。しかし排ガスの場合、無味無臭なものがほとんどですから見た目やにおいなどでは判断のしようがありません。そこで成分の分析を数値化して判断をする必要があります。
排ガス中にCO2やO2、N2が含まれている場合、完全燃焼していて問題ない状態と推測できます。しかしもしそれ以外にCOやススも検出された場合、不完全燃焼を起こしている状態であると分かります。公害物質の検知を目的としている場合にSO2が含まれていたら、重油中に硫黄分が含まれていると判断できます。公害物質が出ていると結論付けられ、適切な対処が求められます。排ガスの中に何が含まれているかは目視できません。しかし排ガス計を活用すれば、目に見えない変化や異常を察知でき、適切かつ迅速な対処が可能です。
排ガス計の使い方を見ると、ボイラーや給湯器など燃焼機器から工業炉のような大型の設備に至るまで、さまざまな排ガスの測定ができるようになっています。燃焼状態だけでなく、省エネルギー性の判定も確認可能です。ボイラーなどの不完全燃焼は一酸化炭素という自分たちの体にとって有害なガスを排出しかねません。一酸化炭素は無味無臭のため、吸い取ってもなかなか気が付けず、気が付いたときには命にかかわる重大な状態になる可能性が高いです。そのような事態を回避するためにも、計測することは大事です。


排ガス計でさまざまな気体の分析値を出す必要性

排ガス計の使い方をマスターできれば、CO2やO2、COなどの期待の測定値ができるようになります。これらの評価ができるようになると、いろいろな対策を講じられるからです。これには理論空気量が大きく関係しています。理論空気量とは、燃料が燃焼するにあたって必要最低限の空気量をさします。しかしこの空気量を現実世界で適用すると、未燃分がどうしても発生しやすくなります。するとCOやススなどの有毒物質が出てきます。そこで従来は少し多めの空気を流し込んで燃焼させます。この状態で排ガス計を使うとCO濃度は減少しますし、O2濃度は増加するはずです。O2の濃度が増加すればするほど排気量もおのずと増えてきます。そうなると排ガス損失も多くなっていくわけです。この量を計測して、バーナーの調整を行っていきます。
ちなみにバーナーの調整を行うにあたって、CO濃度は200ppm程度を上限として、O2濃度は6%以下の設定にすると理想的な利用ができるといわれています。バーナーが本来の性能を発揮できるようなコンディションになっているかどうか、少なくてもCO濃度とO2濃度に関する測定は必要になります。そのためには、排ガス計の使い方を現場の担当者が理解している必要があるわけです。
排ガス計は装置で排ガスを利用する場合には必要になるでしょう。しかしそれ以外の場合には、排ガス温度を測定することで燃焼効率がどうなっているか推測することは可能です。一般的な傾向を紹介すると、排ガス温度が低ければ低いほど、それだけ燃焼効率の良い状態にあると考えられます。しかし例外もあります。例えば排ガスのO2濃度の高い場合、燃焼に関与していない空気が流入している可能性があります。その結果、温度が低くなっていると推測できます。燃焼と関係のない空気が入っているということは、それだけ燃焼効率は悪化しているわけです。このように排ガス温度を調べることである程度の推測はできますが、正確に判断するのは難しいです。


排ガス温度も測定できる排ガス計の使い方をマスターしよう

現在提供されている排ガス計の中には、各気体の濃度のほかにも温度に関わる測定ができるものも出ています。このような機器を利用すれば、より燃焼効率の測定が精密にできます。保守点検や安全性の確認のためには、多岐にわたって分析のできる機器を導入しておいた方がいいでしょう。
多機能性の排ガス計を購入する場合、使い方が複雑で現場のスタッフが使いこなせないのではないかと懸念する人もいるでしょう。しかし近年出ている分析計を見てみると、使い方も簡単なモデルが出てきています。コンパクトサイズで、ハンディータイプのものも発売されているので、今までよりも手軽に分析ができます。さらにカバーの背面にマグネットを取り付けられる機種も出てきています。この場合、ボイラーなどに磁石で貼り付けて、ハンズフリーで計測もできます。このようにどのようなシチュエーションでも使用できるような分析計も出てきています。価格もリーズナブルになっており、設備投資に関するコストカットも可能ですから、導入を検討している人は最新鋭の機器をチェックしてみると良いでしょう。

〇排ガス計の中古販売なら、多種多様に中古機材が揃う株式会社メジャーへ。全国対応および当日発送可能、最短では翌日から手軽に機材をご利用できます。
※排ガス計のキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ
※排ガス計のキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ


ガス検知器 中古販売には以下のカテゴリーもご用意しております。

・ガス検知器はガスに対して安全に生活や作業を行う為の測定器です。

・弊社の中古計測器は経験豊富なスタッフがご案内して、良品な機材を迅速にご提供いたします。
・機材は当日発送が可能で機材到着後すぐ使えます。法人/個人OK。価格はお問合せ下さい。

○全国配送地区
北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]

近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]
メールお問合わせ 電話お問合わせ 電話お問合わせ