真空ポンプ

 

真空ポンプ


真空状態の特徴とは

空気を吸いだし真空状態を作り出すことは、機械工業や食品の製造など多くの分野で利用されています。JISの規定による真空状態とは、その空間の気圧が大気圧より低くなっている状態です。大気圧は人間自身にもかかっており、立っていても寝ていても、空気中では常に圧力がかかっている状態です。基準のひとつとされているのが海面上での強さです。これが1気圧であり約1013hPaに相当します。真空とはこの圧力が低い状態を指しており、圧力自体ではありません。
人工的に低い圧力の状態を作り出すのが真空ポンプですが、さまざまな効果が出てきます。使い方として、空気を弾きだし圧力を下げるため、当然酸素量が減ります。酸素量が減ると物質が酸化反応下がるため、物質が変化しにくくなり、維持しやすくなるのが特徴です。
音は空気に伝わる振動のため、空気が減っている低圧状態では、音が聞こえなくなります。この性質を利用して、振動を受けにくい状況を作り出すことが可能です。
気体としての分子数も減少するため、電気が通りにくくなります。絶縁状態を作り出すことができるため、電気に弱いものなどに対して影響を抑えられる状態となります。
真空状態では熱が逃げにくくなるという特徴もあります。気体分子が少なく分子同士の衝突がなくなるため、暖かいものも冷めにくくなります。同時に沸点も下がります。沸点が下がれば、沸騰するのが早くなり、水分を低い温度のまま蒸発させることができます。水が含まれている物質が分離しやすい環境と言えます。このような真空状態の特徴を活かすことで、たくさんの技術が進化を遂げているのです。

真空ポンプ中古計測機器一覧

※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称 型番メーカー名お問合せ
3e1859 真空ポンプ 直結型油回転真空ポンプ GVD-050A ULVAC
3e1680 真空ポンプ 直結型油回転真空ポンプGVD-050A ULVAC
3e1647 ダイアフラム式真空ポンプ N820.3FT.18 KNF
3e1619 ダイアフラム式真空ポンプ DTC-41 ULVAC
3e1611 カーボン蒸着装置 オートカーボンコーター JEC-530真空ポンプGHD-030付 日本電子
3f2842 真空ポンプ D950DK アルバック
3e1421 ダイアフラム式真空ポンプ EVP-1000 東京理化器械
3e1272 真空ポンプ ダイアフラム式真空ポンプN840.3FT.18 KNF
3e1230 ダイアフラム式真空ポンプ N816.3KT.45.18 KNF
3e1143 遠心エバポレーター+冷却トラップ+真空ポンプ CC-105+TU-055+GVD-050A トミー精工
3f0094 ドライ真空ポンプ KTS015-2 宇野澤組鐵工所
3f0092 ドライ真空ポンプ DA60D アルバック機工
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称 型番/メーカー名お問合せ
3e1859真空ポンプ直結型油回転真空ポンプ GVD-050A
ULVAC
3e1680真空ポンプ直結型油回転真空ポンプGVD-050A
ULVAC
3e1647ダイアフラム式真空ポンプN820.3FT.18
KNF
3e1619ダイアフラム式真空ポンプDTC-41
ULVAC
3e1611カーボン蒸着装置 オートカーボンコーターJEC-530真空ポンプGHD-030付
日本電子
3f2842真空ポンプD950DK
アルバック
3e1421ダイアフラム式真空ポンプEVP-1000
東京理化器械
3e1272真空ポンプダイアフラム式真空ポンプN840.3FT.18
KNF
3e1230ダイアフラム式真空ポンプN816.3KT.45.18
KNF
3e1143遠心エバポレーター+冷却トラップ+真空ポンプCC-105+TU-055+GVD-050A
トミー精工
3f0094ドライ真空ポンプKTS015-2
宇野澤組鐵工所
3f0092ドライ真空ポンプDA60D
アルバック機工
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。


真空にできる方式の違い

真空の環境を作り出すための真空ポンプは種類がいくつか存在します。それぞれ構造が異なるため、使い方も違います。
さまざまな機種のベースとなっているのが、油回転真空ポンプです。1900年代初頭に開発された構造で、油の中をローターが回転するときに空気を吸いだし吐きだします。安価でコンパクトですが、取り扱いが複雑なのが欠点です。
ドライポンプは、その名前の通り液体を使っていない真空ポンプです。ケーシング内にローターを配置し、回転させて空気を吸いだしていきます。シールなどに油はありますが、ケーシング内に油などがない分だけ排気はクリーンです。
真空ポンプに組み合わせて使用するのが、メカニカルブースターポンプです。ポンプに組み合わせることで、排気速度が飛躍的に上昇します。効率化を進められますが逆流する可能性があるので、使用の際は注意を要します。
衛生面に特化したダイアフラム真空ポンプもあります。油や液体を使いませんので、油の蒸発などが発生しません。半導体などの産業で利用するのにぴったりの構造です。構造的にはシンプルで、ローターが回転して、ダイアフラム荷動きが伝わり、上下運動して空気を引き出し排出します。吸気と排気に弁があるため、逆流も抑えられる構造です。
高い圧力を生み出し、真空を作り出せるのがターボ分子ポンプです。いろいろな種類があるなかでも、極高真空を作り出せる能力を持ちます。タービン型の翼と固定翼を使った構造で、性能が上昇したことで高回転して空気の分子を吹き飛ばすのが特徴です。ただし、ある程度真空状態を作り出さなければいけないため、フォアポンプを取り付けが必要です。

真空ポンプの使い道

真空ポンプには、いろいろなものがありますが、使用目的によって適切なものを選ばなければいけません。使い方によっては、そのコストや性能が問題になる場合もあるからです。
空気を排出するという点では、吸引に使われます。吸引により物を移動させるという意味では、真空状態は便利です。大気との圧力差を生み出すのが真空のため、この圧力の差を利用すれば吸着させられます。例えば、ガラスを運ばなければいけない場合、衝撃に弱いため注意しなければいけません。真空ポンプで吸着させれば簡単に搬送できます。
空気を抜くというところで、シートなどを加熱して型にはめ込む際にも使えます。間にある空気が邪魔ですので、真空にしてあげれば型に密着します。この成型技術は、さまざまな容器に使われています。
空気を抜くときには、空間が空になるわけではありません。吸引させるのも同じ原理ですが、そこに液体を用いれば、小さな空間にも液体を引きこむことが可能です。粘性の高いものでも真空を活用すれば封入しやすくなります。
酸素の量が減るため、酸化防止させられるのは大きなメリットです。食品産業では保存性を高められますし、金属加工でも酸化させて劣化させることがなくなります。ドライフラワーなどにも活用されており、クリーニングした後の衣料の保存にも真空状態を活用できます。
真空は幅広い業界で利用価値があります。真空ポンプもその状態や目的に合わせて選択できれば、価値はさらに大きなものになるでしょう。

真空ポンプの計測機器で利用されている用途

...



〇真空ポンプの中古販売なら、多種多様に中古機材が揃う株式会社メジャーへ。全国対応および当日発送可能、最短では翌日から手軽に機材をご利用できます。
※真空ポンプのキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ
※真空ポンプのキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ
           

測定器 中古販売

             



・弊社の中古計測器は経験豊富なスタッフがご案内して、良品な機材を迅速にご提供いたします。
・機材は当日発送が可能で機材到着後すぐ使えます。法人/個人OK。価格はお問合せ下さい。

○全国配送地区.
北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]

近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]
メールお問合わせ 電話お問合わせ 電話お問合わせ