金属探知器

 

金属探知器


金属探知器とは

金属探知器は金属の有るか否かを探知する探知器です。簡単に測れる探知器から釘/ビス/ナット、埋没や深い場所の金属を探知する探知器まであります。封入物の中の金属物、食品/粉体に混ざった釘、ビス、ナットや埋設配管、水道管、ガス管、マンホール、消火栓の探知などに使用します。

「金属探知器」の一覧の中で、よく見て頂いている中古計測機は
・金属探知機 | ・ 金属探知器 | 

金属探知器中古計測機器一覧

※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称型番メーカー名詳細お問合せ
3m2905金属探知機F-90フジテコム
3f2493金属顕微鏡BX51N58MUオリンパス
me0335金属探知器 マグネチックロケーター GA1GA1フジテコム
me0334金属探知機 シェラマドレシェラマドレTSトレーディング
me0333金属探知器 F90MF90Mフジテコム
me0332金属探知機 スペクトラスキャン(オートスキャン)スペクトラスキャン(オートスキャン)TSトレーディング
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称/型番/メーカー名詳細
お問合せ
3m2905金属探知機
F-90
フジテコム
3f2493金属顕微鏡
BX51N58MU
オリンパス
me0335金属探知器 マグネチックロケーター GA1
GA1
フジテコム
me0334金属探知機 シェラマドレ
シェラマドレ
TSトレーディング
me0333金属探知器 F90M
F90M
フジテコム
me0332金属探知機 スペクトラスキャン(オートスキャン)
スペクトラスキャン(オートスキャン)
TSトレーディング
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。


地中に金属が埋まっているか調査する

道路などを掘り返す場合には、まず地中に何が埋まっているのかを確認しなくてはなりません。確認せずに作業を開始してしまうと、水道管や止水栓などを壊してしまい、作業が進まない状況に陥ります。壊してしまった機器に対する責任についても問われることになるので、大きな問題に発展する可能性もあります。このような問題を避けようと調査をする場合、何かあると分かっていても正確な位置が判明していないと、作業を始めることは危険です。慎重に作業すれば良いと思っていても、突然埋設物が出てくると、適切な対応をすることが難しくなってしまいます。作業するスタッフの経験や技術力にも違いがありますから、気を付けて作業するだけで問題を回避できる訳ではありません。
そのため、埋設された金属物を調べる目的で、金属探知機が使われています。金属探知機を使用すれば、地面を掘り返す前に埋設された金属の位置が分かるので便利です。探知する能力については、くぎやビスなどの小さなものまで分かる装置もありますし、深い場所に埋まっているものを検知できる機種もあります。今まで問題なかったからと事前の調査をせずに作業を続けていたのでは、いつか大きな問題が発生して、事業運営に支障が出るような事態に陥ることも考えられます。事業を続けるためには必要なコストと判断して、適切な機器を導入することを検討するべきです。状態の良い中古品も販売されていますから、コストを抑えて導入することも可能です。使い方については、関係するスタッフを集めて、正しい使用方法を覚えることが重要となります。


金属探知機を使う前の準備

一般的な金属探知機は、地表を走査する大きなアンテナコイル、スピーカー、さまざまな情報を表示するメーター類、パイプなどから構成されます。持ち運ぶために折り畳んだり、部品を取り外したりすることもある場合は、使用する時に正常な状態になるように、構成や組み立て方法などを理解しておくことが必須です。運ぶためにコンパクトな状態にしたものの、調査する現場で使えないのでは意味がありません。使い方を覚える前に、装置の構成や内容を十分に理解しておくことが肝心です。一人だけ理解していれば大丈夫だろうと思わずに、関係者全員にしっかりとした知識を持ってもらう必要があります。複数人がきちんと理解していれば、小さなミスも見逃さずに正しい作業ができます。
金属探知機を使用できる状態にした後は、電池が十分であることや、感度が正常の範囲内であることを確かめなくてはなりません。電池残量をチェックする機能が搭載されているものは作業前にチェックを行い、電池などを交換する必要があれば、新しい電池と交換します。短時間しか操作ないからと電池残量が不十分のまま使用すると、正しく動作しない可能性があります。感度の確認も大切な手順です。感度が良くない状態では、いくら丁寧に作業しても正確に調査することが難しくなります。硬貨を使った感度の確認方法が製品のマニュアルに記載されているので、感度の確認をしておきます。適切な準備をしておかなければ調査作業自体の信頼性と安全性が損なわれるため、作業する前の準備にかかる時間も計算しておくと効率的です。


うまく探知するにはノウハウが必要

正しい準備が完了したら、金属探知機を使って作業を行います。アンテナ部と地表の間に隙間を作り、目的とする場所をゆっくり移動して、金属を探知するとメーターとスピーカーから音で知らせるのが一般的な仕組みです。製品によって地表から離す距離に違いがありますが、コンクリートと芝生などでは距離に違いがあるので、マニュアルなどできちんと確認しておきます。アンテナと地表を定められた距離に維持して調査するのがコツです。地表と一定の距離を保つのが困難な時もありますが、距離が一定でないと正確な調査ができないこともありますので注意をしなくてはなりません。目的とするエリア内で調べていない場所がないように、丁寧に移動します。
単純な作業に見えますが、装置の使い方や地表の状態を考慮するなどの知識や技術によって、調査結果に大きな違いが生じます。うまく金属が探知できるように、何度も練習することが不可欠です。操作する人によって結果が違わないように、作業する人全員でノウハウを共有して、効率的に作業が進められるのが理想的です。そうすれば操作する人が交代しても同じ結果が出ますから、広い場所を複数の人で交代しながら作業することができます。優秀な人でも長時間広い場所を調べていると、集中力が途切れてミスしやすくなるので、一人だけに頼らない体制作りが欠かせません。金属探知機を使った作業は安全性にも関わることなので、間違いのない作業が行われるように、組織として万全の仕組みを整えることが重要です。装置が正常に動作しても、作業する体制に問題があると、正しい結果を得ることが難しくなってしまいます。

〇金属探知器の中古販売なら、多種多様に中古機材が揃う株式会社メジャーへ。全国対応および当日発送可能、最短では翌日から手軽に機材をご利用できます。
※金属探知器のキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ
※金属探知器のキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ



・弊社の中古計測器は経験豊富なスタッフがご案内して、良品な機材を迅速にご提供いたします。
・機材は当日発送が可能で機材到着後すぐ使えます。法人/個人OK。価格はお問合せ下さい。

○全国配送地区
北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]

近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]
メールお問合わせ 電話お問合わせ 電話お問合わせ