マイクロウェーブ測定器

 

マイクロウェーブ測定器


情報化社会を迎え重要性を増すマイクロ波

電磁波の一種である電波は、年々活発に利用されるようになっている分野です。目には見えないものの、日常生活や各種産業において、なくてはならないものとなってきました。電波は周波数によって、極超短波からマイクロ波まで分類されます。極超短波は周波数が3GHzまでの電波で、超長波が3KHzから30KHz、長波が30KHzから300kHz、中波が300KHzから3MHz、短波が3MHzから30MHz、超短波が30MHzから300MHz、マイクロ波が3GHzから30GHzです。電波は貴重な資源であるため、決められた用途にだけ使うようになっています。短波は船舶通信やアマチュア無線、極超短波はテレビや携帯電話、中波はAMラジオなど周波数ごとに、用途は電波法などで決められていて、勝手に使用することはできません。極めて重要なことに使われている電波もありますから、無断で電波を使用して大きな影響を与えると、罰せられてしまう可能性もあります。そして、携帯電話やスマートフォンなどの普及に伴い、注目を集めているのがマイクロ波です。
マイクロ波は、極超短波・センチメートル波・ミリ波・サブミリ波に分類され、直進性、特定の方向への発射の容易さ、伝送における情報量の大きさ、空気中での減衰しにくさ、アンテナが小型化できることなど、高速通信に適しているのが特徴です。その結果、移動通信や衛星放送、無線LANなどの最新機器を実現するのに、不可欠の要素となっています。マイクロ波を利用した機器の進歩は目覚ましく、マイクロウェーブ測定器などの機器を使い、次々と性能を向上させた機器が開発されています。

マイクロウェーブ測定器中古計測機器一覧

※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称型番メーカー名詳細お問合せ
3b0427アッテネータRFS50G18C30NMFRF LAMBDA
3b0419導波管可変減衰器24110FLANN
3b0423パワーセンサ4022バード
3b0424終端型パワーセンサ5015バード
3b0425パワーメーターMODEL5000-XTバード
3b0435サーキュレータMODEL4923ナルダ
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称/型番/メーカー名詳細
お問合せ
3b0427アッテネータ
RFS50G18C30NMF
RF LAMBDA
3b0419導波管可変減衰器
24110
FLANN
3b0423パワーセンサ
4022
バード
3b0424終端型パワーセンサ
5015
バード
3b0425パワーメーター
MODEL5000-XT
バード
3b0435サーキュレータ
MODEL4923
ナルダ
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。


マイクロ波を測定するための機器
マイクロ波を使う機器やシステムを開発や評価をする際は、マイクロ波が測定可能な専用のツールを用意しなくてはならなないことに、注意しなくてはなりません。低周波の電波しか発しない機器などであれば、汎用的な測定器で用が足りますが、より高い周波数であるマイクロ波を測定するためには、マイクロウェーブ測定器が必要となります。開発や評価する機器にマイクロ波を利用する箇所があるのが分かっているのであれば、パワーセンサやパワーメーターなどを含め、マイクロウェーブが可能な測定器を用意しておかなくてはなりません。条件を満たした計測器などを利用しないと、正確な測定ができずに開発や評価ができないことになってしまいます。
まずは、測定する対象がどの種類のマイクロ波を扱うことになるのか、確認することが重要です。マイクロ波にも複数の種類がありますから、具体的な周波数を調べておかなくてはなりません。そして、マイクロ波が計測できる機器に関しても、測定方式、精度、計測可能な周波数範囲などの特徴に違いがあるので、十分に気を付ける必要があります。特に複数の機器を組み合わせてマイクロ波を測定する場合は、一つでも適切でないものがあると、正しい測定ができません。機器の詳しい仕様を確認して、問題なく使えることを確かめておく必要があります。パワーセンサやパワーメーターなどについても、計測可能な周波数範囲やパワーレンジなどは、製品ごとに異なります。ただ機器の名称だけを見て使っていたのでは、正確な作業はできません。
 
 費用を抑えてマイクロウェーブ測定器を用意する方法
使用するマイクロウェーブ測定器を選ぶ時は、測定したい周波数が確実に測定できることを確かめておくことが重要です。できれば周波数範囲にギリギリで入っている測定器を使うよりも、余裕を持った仕様の測定器を使った方が適切です。仕様に余裕のないマイクロウェーブ測定器を使うと、他の機器の影響などにより正しく測定できないこともあります。そのため、現在持っているマイクロウェーブ測定器では仕様的に厳しい場合は、新しい測定器を用意することが大切です。新しい機器を購入する費用が発生しますが、必要な機器を揃えないと正確な作業はできません。
このようにマイクロ波を使う機器の開発や評価を行う時は、技術力だけではなく、適切な計測器を用意できるかがカギです。マイクロ波の特徴などを理解した優秀な技術者がいても、作業環境が整っていないのでは、十分な成果が出せません。スタッフに問題がないのに、成果は思わしくない時は、使っている計測器などが適切なものかを調べてみる必要があります。やみくもに作業を開始するのではなく、どのような測定器を使ってマイクロ波に関する作業をするのかを検討しなくてはなりません。

〇マイクロウェーブ測定器の中古販売なら、多種多様に中古機材が揃う株式会社メジャーへ。全国対応および当日発送可能、最短では翌日から手軽に機材をご利用できます。
※マイクロウェーブ測定器のキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ
※マイクロウェーブ測定器のキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ


○全国配送地区
北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]

近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]
メールお問合わせ 電話お問合わせ 電話お問合わせ