トラックスケール

 

トラックスケール


トラックスケールとは

トラックスケールは、車両の重さを計測する計測機です。トラックに積載されている荷物の重量を、荷物が積載されたトラックの重量から荷物が積載されていないトラックの重量を引いて求めます。はかりや計量器とも呼ばれます。基礎工事不要のコンパクトな計量機で、持ち運び簡単なポータブルタイプもあります。

トラックスケール中古計測機器一覧

※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称型番メーカー名詳細お問合せ
me0622トラックスケール マットスケール 2000DC2000DC日本ダイナマット
me0621トラックスケール ロードチェッカーロードチェッカー鎌長製衡
me0620トラックスケール JUMBO3JUMBO3守隋本店
me0619簡易型トラックスケール PTS-II(外部表示器対応型)PTS-II田中衡機工業所
me0618トラックスケール PTS-IIPTS-II田中衡機工業所
me0617トラックスケール マルチロードメーター RW10PRW10P石蔵商店
me0615トラックスケール スーパーJUMBOII(無線タイプ)JUMBOII守隋本店
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称/型番/メーカー名詳細
お問合せ
me0622トラックスケール マットスケール 2000DC
2000DC
日本ダイナマット
me0621トラックスケール ロードチェッカー
ロードチェッカー
鎌長製衡
me0620トラックスケール JUMBO3
JUMBO3
守隋本店
me0619簡易型トラックスケール PTS-II(外部表示器対応型)
PTS-II
田中衡機工業所
me0618トラックスケール PTS-II
PTS-II
田中衡機工業所
me0617トラックスケール マルチロードメーター RW10P
RW10P
石蔵商店
me0615トラックスケール スーパーJUMBOII(無線タイプ)
JUMBOII
守隋本店
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。


トラックスケールの使い方

トラックスケールとは、トラックの重量を量るための装置です。トラックを実際に載せることになるため、それなりの規模の設備となっています。値段は幅広いですが、数百万は見ておきたいところです。設備を購入する場合は、設置費用なども含まれている値段なのかなどもしっかりと説明を受けることが大切になります。もちろんアフターサービスが充実していることも併せて確認しておくようにしましょう。
使い方は至ってシンプルです。設置したトラックスケールの上にトラックを載せるだけで終了です。測り方は大きく二つの方法があり、通過計量と静止計量が挙げられます。言葉からも理解できるように、前者は設備の上をゆっくりと進むだけで測定をすることができます。後者は、設備の上で完全に停まった状態で測る方法です。通過計量は素早い測定がメリットで、静止計量は正確で細かい情報を得ることができるのがメリットです。
トラックが上に載ることになるため、使用を重ねると過酷な環境になることもあるでしょう。そこで気になりやすいのが耐久性ですが、構造が単純なので、耐久性は十分です。利用する事業所の環境にもよりますが、メンテナンスは基本的にフリーで、2年に一度のペースで実施される法定点検だけで十分な場合もあります。
もちろん定期的に自身でメンテナンスをすることは大切です。例えば、利用する環境が泥やごみなどの多いところである場合、装置の隙間に詰まってしまう可能性もありますので、毎月の点検を行うことが求められます。


トラックスケールについて知っておきたいこと

トラックスケールの構造は非常にシンプルですが、実はさまざまな種類が存在します。使い方に関しては基本的に同じであるものの、使用用途によっていくつかの種類に分けられます。例えば、防爆型トラックスケールという設備があります。言葉通りの意味で、爆発や火災といったリスクがあるような場所でも使用ができるタイプです。具体的な利用例としては、可燃性のガスを積んだタンクローリーが挙げられます。この他にも埋込み型、地上設置型などのタイプが存在します。どのタイプを設置したら良いのか分からない場合は、販売業者等に相談してみましょう。状況を見て臨機応変に業者側が適切な商品を紹介してくれます。
世の中はIT化が進み、いろいろなものがパソコンやスマホなどで対応できるようになっています。実は、このトラックスケールもIT化が進んでいる設備です。単純にトラックの総重量を測るだけではなく、同時に他のこともチェックし、数字化をしています。例えば、積荷バランスです。いずれかのタイヤに大きな負荷が掛かっていると計算された場合、タイヤ圧が低かったり、積荷が均等に積まれていなかったりすることが考えられます。これは重大な事故につながってしまう危険性の高い状態となっているため、しっかりと原因究明を行い、対処していく必要があります。
トラックスケールの最大の使用目的は安全な状態を確認することです。トラックの最大積載量を超える積荷をしていたり、バランスが悪い状態にあったりすると、カーブで転倒してしまうなど重大な事故につながりかねません。つまり、安全に走行ができるようにするための重要な設備と言えます。


ポータブルタイプのトラックスケールについて

トラックスケールの長所は、ポータブルタイプのものがあるということです。持ち運びができるため非常に重宝します。デメリットとして、設置型の設備よりも精度が若干落ちてしまうことが挙げられますが、この精度も徐々に性能がアップして正確に測ることができるようになっているため、過度に気にするデメリットではないでしょう。
使い方も通常の設備と同じように簡単です。凸凹のないしっかりとした固い地面の上にポータブルタイプのトラックスケールを設置して、トラックを載せるだけになります。設置に関しては、測定をする機械を中心に、後はレーンを一つずつつなげていくイメージです。10分程度もあればすぐに設置ができるというのも特徴の一つです。一つ注意しておかなければならないことは、製品によっては、このレーンが小さく運転する乗り手のスキルが問われる場合があるということです。測定部分を通過せず測定器の本体部分に載ってしまい、壊してしまったというケースは少なからずあります。
購入する場合は、そこそこの出費を覚悟する必要があります。しかし、少しの期間だけ使いたいなど、さまざまな理由で新品購入を避けたい場合もあるでしょう。そんなときは、中古で購入するのも一つの方法です。基本的に非常に頑丈な製品なので、意外と多くのトラックスケールが出回っています。お買い得な掘り出し物が見つかることもあるため、念入りに探してみてください。また不要になった場合は、買い取ってもらえば良いので、設備投資のリスクも軽減することが可能です。

〇トラックスケールの中古販売なら、多種多様に中古機材が揃う株式会社メジャーへ。全国対応および当日発送可能、最短では翌日から手軽に機材をご利用できます。
※トラックスケールのキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ
※トラックスケールのキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ


電子天秤/電子台秤 中古販売には以下のカテゴリーもご用意しております。

・電子天秤は様々な重さを正確に測る測定器です。重さを量るだけはではなく、数量をカウントする個数モードは、棚卸に便利な機能です。
○全国配送地区
北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]

近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]
メールお問合わせ 電話お問合わせ 電話お問合わせ