ネットワークアナライザ

 

ネットワークアナライザ


ネットワークアナライザとは

ネットワークアナライザとは、情報化社会を迎え、情報の伝達を行う電子回路の重要性は増すばかりです。しかも年々扱う情報量は増え続け、電子回路に要求される性能も向上しています。今では社会の根幹をなす電子回路網を構成する機器や素子は、高性能であるだけでなく、高い信頼性も必要です。度々故障したり性能が悪化したりするようでは、日常生活に支障を来す可能性があります。そのため、特に電子回路網を解析、評価をする際には、適切な計測器を用いなくてはなりません。適切な計測器を所有していなからといって、手持ちの計測器だけで十分な解析を行っていないと、大きな問題に発展する可能性もあります。販売したり提供したりするサービスを、どんなユーザーがどのように使うかは分からない部分もあるので、適切な計測器と方法によって、電子回路網の解析と評価をすることが重要です。
電子回路網の解析などをする際にはいくつもの装置が用いられますが、重要な装置の一つにネットワークアナライザがあります。これは、電子回路網を解析するための専用の装置です。インピーダンスと減衰量について測定する機能を持ち、周波数はミリ波やマイクロ波まで対応可能な機種もあります。それほど高い品質が要求されない場合には使わないこともありますが、高品質な電子回路網を実現する必要がある場合には、ネットワークアナライザはなくてはならない計測器です。極めて高精度な測定器であるため、標準器としての意味も持つ装置となっています。種類や使い方などを理解して、必要な品質を満たしていることを確かめる必要があります。

「ネットワークアナライザ」の一覧の中で、よく見て頂いている中古計測機は

ネットワークアナライザ中古計測機器一覧

※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称 型番メーカー名お問合せ
3k0013 ポータブル・スペクトラム・アナライザ 8596E/004,041,101,105 Keysight (HP)
3k0012 ポータブル・スペクトラム・アナライザ 8565EC Keysight (Agilent)
3k0011 ポータブル・スペクトラム・アナライザ 8564EC/006 Keysight (Agilent)
3k0008 ポータブル・スペクトラム・アナライザ 8563EC/008 Keysight (Agilent)
3k0002 ポータブルRFスペクトラム・アナライザ 8561E Keysight (HP)
3k0003 ポータブル・スペクトラム・アナライザ 8562E Keysight (HP)
3k0005 ポータブル・スペクトラム・アナライザ 8563E/007 Keysight (HP)
3k0007 ポータブル・スペクトラム・アナライザ 8563EC/006 Keysight (Agilent)
3k0036 マイクロ波ベクトル・ネットワーク・アナライザ 8719D/1D5,400 Keysight (HP)
3k0038 ネットワーク・アナライザ 8753D/002,075,1D5 Keysight (HP)
3k0039 ネットワーク・アナライザ 8753D/006,010 Keysight (HP)
3k0029 ベクトル・ネットワーク・アナライザ 8510C/010 Keysight (HP)
3k0027 ベクトル・ネットワーク・アナライザ 8510C(8516A+83621A) Keysight (HP)
3k0026 ベリフィケーション・キット 85051B Keysight (Agilent)
3k0025 Sパラメータ・テスト・セット 85046A Keysight (HP)
3k0022 RFネットワーク/スペクトラム・アナライザ 4396A/1C2 Keysight (HP)
3k0045 高速ネットワーク・アナライザ E5100A/001,010,1D5 Keysight (Agilent)
3k0050 ベクトル・ネットワークアナライザ R3754B/10 Advantest
3k0049 ハンドヘルドRFベクトル・ネットワーク・アナライザ N9923A/106,112,122 Keysight (Agilent)
3k0294 誤り率検出器 MP1762C Anritsu
3k0454 ネットワーク/スペクトラム・アナライザ 4195A/001 Keysight (HP)
3k0461 RFネットワーク/スペクトラム・アナライザ 4396A/1C2,1D5 Keysight (HP)
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。
コード機材名称 型番/メーカー名お問合せ
3k0013ポータブル・スペクトラム・アナライザ8596E/004,041,101,105
Keysight (HP)
3k0012ポータブル・スペクトラム・アナライザ8565EC
Keysight (Agilent)
3k0011ポータブル・スペクトラム・アナライザ8564EC/006
Keysight (Agilent)
3k0008ポータブル・スペクトラム・アナライザ8563EC/008
Keysight (Agilent)
3k0002ポータブルRFスペクトラム・アナライザ8561E
Keysight (HP)
3k0003ポータブル・スペクトラム・アナライザ8562E
Keysight (HP)
3k0005ポータブル・スペクトラム・アナライザ8563E/007
Keysight (HP)
3k0007ポータブル・スペクトラム・アナライザ8563EC/006
Keysight (Agilent)
3k0036マイクロ波ベクトル・ネットワーク・アナライザ8719D/1D5,400
Keysight (HP)
3k0038ネットワーク・アナライザ8753D/002,075,1D5
Keysight (HP)
3k0039ネットワーク・アナライザ8753D/006,010
Keysight (HP)
3k0029ベクトル・ネットワーク・アナライザ8510C/010
Keysight (HP)
3k0027ベクトル・ネットワーク・アナライザ8510C(8516A+83621A)
Keysight (HP)
3k0026ベリフィケーション・キット85051B
Keysight (Agilent)
3k0025Sパラメータ・テスト・セット85046A
Keysight (HP)
3k0022RFネットワーク/スペクトラム・アナライザ4396A/1C2
Keysight (HP)
3k0045高速ネットワーク・アナライザE5100A/001,010,1D5
Keysight (Agilent)
3k0050ベクトル・ネットワークアナライザR3754B/10
Advantest
3k0049ハンドヘルドRFベクトル・ネットワーク・アナライザN9923A/106,112,122
Keysight (Agilent)
3k0294誤り率検出器MP1762C
Anritsu
3k0454ネットワーク/スペクトラム・アナライザ4195A/001
Keysight (HP)
3k0461RFネットワーク/スペクトラム・アナライザ4396A/1C2,1D5
Keysight (HP)
※オプション機材につきましては、「在庫お問合せ」よりお問合せくたさい。


ネットワークアナライザの構造と測定原理
ネットワークアナライザの使い方を覚える前に、どのように測定しているのかについて原理を理解しておくことが求められます。ただ装置を操作して解析や評価を行うだけでは、電子回路網の本質を理解して解析することはできません。一見同じような結果が出ても、本質的な意味が理解できなかったり、適切に計測できなかったりすることもあります。簡単な構造や測定原理だけでも理解した上で使うことが肝心です。装置造は、信号源、信号分離器、方向性結合器、受信機などから構成されます。測定方法としては、装置内部の信号源が被非測定物に入射信号を出力し、振幅や位相が変化状況を測定します。測定結果を演算処理して、ディスプレイ上に特性表示するのが一般的な測定の流れです。こうしたことを理解した上で使わなくてはなりません。
 
そして、ネットワークアナライザには、ベクトルネットワークアナライザと、スカラーネットワークアナライザの2種類があることも理解しておく必要があります。ベクトルタイプは振幅と位相を測定できるため、高い確度の測定が可能です。スカラータイプは、位相の測定はせずに振幅のみ測定を行い、周波数を測定します。用途や測定に求められる確度などに応じて、どちらかのタイプを選んで使うことになります。他にも、販売されている個々の機種の仕様を理解して、測定の目的を達成できることを確認しておくことが大切です。使い方が正しくても装置自体の性能が要求を満たしていないのでは、正しい結果が得られなくなってしまいます。
 
ネットワークアナライザの使い方
一般的な使い方は、被測定物を接続し、設定と動作を確認してからSパラメータと表示フォーマットを選択し、表示をスケーリングします。一度被測定物を取り外して校正を行わなくてはなりません。構成結果を検証して、問題がないようであれば再び被測定物を接続して測定します。この校正をするのが他の測定器との大きな違いで、時間がない時などは校正をするのが面倒に感じられることもありますが、正しく測定するためには欠かせない作業です。決められた手順に従って計測をしなくてはなりません。同じような計測を何度もする必要がある時などは校正する必要性が感じられないこともあるでしょうが、計測作業の信頼を高めるための重要な作業です。
 
こうした手順で計測を行って、電子回路網などが所定の性能を発揮することを確認します。他の測定器とは違った操作が必要となりますので、電子回路の開発や計測に慣れている人でも、最初にマニュアルなどをきちんと読んでおく必要があります。誤った方法で計測してしまうと、システム全体の信頼性が失われてしまうので、注意するようにしましょう。測定結果についても、ただ決められた基準と比較するだけではなく、意味なども考えて解析をすることが重要となります。ネットワークアナライザを使った計測も、使用する条件や用途などを考えた上で行われるものなので、そうようなことも理解して正しい測定を行わなくてはなりません。ネットワークアナライザを使って測定すれば十分だなどと考えずに、何のために測定するのかなど、目的をきちんと理解しておくことが大切です。
現在はネットで中古製品の販売もされていますので、必要な機能があるかどうかを確認してから購入をするのがおすすめです。

ネットワークアナライザの計測機器で利用されている用途

...



〇ネットワークアナライザの中古販売なら、多種多様に中古機材が揃う株式会社メジャーへ。全国対応および当日発送可能、最短では翌日から手軽に機材をご利用できます。
※ネットワークアナライザのキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ
※ネットワークアナライザのキーワードでお探しの機材が見つからない場合は、
下記の相談フォームでお問合せください。

メールでのお問合せ
           

測定器 中古販売

             



・弊社の中古計測器は経験豊富なスタッフがご案内して、良品な機材を迅速にご提供いたします。
・機材は当日発送が可能で機材到着後すぐ使えます。法人/個人OK。価格はお問合せ下さい。

○全国配送地区.
北海道 [ 北海道 ]
東 北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関 東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信 越 [ 新潟 | 長野 ]
北 陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東 海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]

近 畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中 国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四 国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九 州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖 縄 [ 沖縄 ]
メールお問合わせ 電話お問合わせ 電話お問合わせ